POLICY

 
やりがいを持って、志高く・楽しく・笑顔いっぱいで働ける歯科医院づくりをめざしています。

 
歯科衛生士の仕事とはどのようなものを想像しますか? スケーリングやSRP、歯ブラシ指導を行うことだけでしょうか?
 
服部矯正小児歯科は1980年5月に開院して以来、幅広い年齢層の患者さんに受診していただいているクリニックです。
当院は矯正小児歯科として日々多くのお子さんの診療にあたっています。その一人一人の診療は処置内容は似ているようでも、その子を取り巻く環境は一人一人異なります。両親が共働きでおばあちゃんにお世話をしてもらっている子、3人兄弟の一番下の年の離れた子、国体選抜に選ばれるスポーツ選手の子、、、挙げ始めるとキリがありませんが、誰一人として同じ環境で育っている子はいません。これらのお子さん達に“歯みがきをしっかりしましょう” や“甘いものを控えましょう” と同じ指導をして、みんなが予防目標を達成できるでしょうか?
 
育つ環境が違うということはそれぞれむし歯、不正歯列のリスクが異なるということです。言い換えれば誰一人として同じ予防プランはありません。その子に合ったプランを作るには、その子のことをしっかりと理解した上で、その子の生活に寄り添った指導内容が必要です。そのためには治療だけでなく、治療の合間に学校のことを話したり、興味のあることを教えてもらったり、、、いろいろな話をしているうちに仲良くなり、信頼関係を築いたうえで、その子のために予防プランを立案し、患者さんとともにそのプランを実行していく。その結果が患者さんの幸せにつながる。これが歯科衛生士として本来あるべき業務だと思います。
 
歯科衛生士という仕事は予防処置、予防指導という言葉にまとめられてしまいますが、その実態は患者さんと歯科衛生士との信頼関係であり、時に患者さんに感謝されることもあるとてもやりがいのある仕事だと思います。服部矯正小児歯科では本来の歯科衛生士の仕事ができる医院づくりを目指しています。人と人の繋がりを大切にし、やりがいをより実感していただける歯科医院です。
 
また、当院の患者さんは小児や矯正の患者さんが多く、入園前から小学校、中学校、高校、大学卒業まで、ひいては大人になられて出産されたお子さんを連れて来ていただいたり、、、長い期間を通して患者さんと接することができるため、患者さんの成長を実感できることも当院の歯科衛生士のやりがいだと思います。やりがいを持って歯科衛生士としての仕事をしたいと思っているならば、服部矯正小児歯科はぴったりの職場だと思います。

お友達同士の見学も大歓迎です。