ABOUT SAS

睡眠時無呼吸症候群とは

いびき・無呼吸などでご心配の方はご相談ください。

睡眠時無呼吸症候群(SAS)とはどんな病気?

睡眠時無呼吸症候群(SAS:Sleep Apnea Syndrome)とは、眠っている間に断続的に呼吸が止まる症状。10秒以上の無呼吸が7時間の睡眠中に30回以上、あるいは1時間に5回以上の無呼吸・低呼吸が認められた場合、睡眠時無呼吸症候群であると診断されます。
睡眠中に気道が狭くなることで大きないびきをかき、ときどき呼吸が停止。その後、呼吸が再開するとともに再び大きないびきをかくのが特徴です。不安定な呼吸の影響で十分な睡眠がとれず、日中に強烈な眠気や倦怠感を覚えることがあります。
仕事や勉強に差し支えるだけでなく、無呼吸による身体への負担も心配。血中酸素濃度の低下等の影響により、高血圧・脳卒中・心筋梗塞など、生活習慣病のリスクが高まると言われています。
 

SELF CHECK

SASのセルフチェック

睡眠時無呼吸症候群のセルフチェック

思い当たる症状をチェックし、あなたが睡眠時無呼吸症候群である可能性を確かめてみましょう。
 
 1.大きないびきをよくかいている
 2.「睡眠中に呼吸が止まり、呼吸が再開するといびきをかく」と第三者に言われた
 3.朝の目覚めが悪く、熟睡感がない
 4.朝、起きた時に頭重感や頭痛がある
 5.日中、眠くなる事が多くて悩んでいる(会議中や運転中に眠くなるなど)
 6.夜間にトイレに起きる回数が多くなった
 7.最近体重が増加傾向である。メタボ傾向がある
 8.扁桃腺が大きく、のどの風邪をひきやすい
 9.息苦しさを感じて、夜、目が覚める事がある
10.生活習慣病を患っている
 

セルフチェックの結果

・1.2番にチェックが入った方は、睡眠時無呼吸症候群の疑いアリ。
・その他の質問に3つ以上当てはまった方は、睡眠時無呼吸症候群の疑いアリ。
 
睡眠中の状態は自分ではわかりにくいものです。もし、上記の項目に当てはまる症状があるなら、早めに検査を受けるようにしましょう。

眠気のチェック

睡眠時無呼吸症候群の症状のひとつに、日中の眠気があります。この眠気を評価するのが「ESS(Epworth sleepiness scale)眠気指数テスト」です。
世界中の医療機関で使用されている信頼性の高いテストで、無呼吸症候群の外来でも問診で使用されています。こちらもぜひ参考にして下さい。

ESS眠気指数テスト

0:絶対ない 1:時々ある 2:よくある 3:いつもある
1.座って新聞・雑誌・本などを読んでいるとき
2.座ってテレビを鑑賞しているとき
3.会議・映画館など、公の場で静かに座っているとき
4.1時間以上、乗客として車に乗っているとき
5.午後に横になって休息しているとき
6.座って人と話しているとき
7.飲酒せずに昼食をとり、その後静かに座っているとき
8.座って手紙・書類などを書いているとき
 

セルフチェックの結果

10点以下(正常) 11~12点(軽度) 13~15(中等度) 16点以上(重度)
点数が高いほど、日中の眠気が強いと判断されます。ただし、眠気の感じ方には個人差があります。このチェックだけで判断せず、眠気とともにいびきなどの症状がある場合は専門医に相談することをおすすめします。

当院が行う睡眠時無呼吸症候群の治療法

服部矯正小児歯科では、睡眠時無呼吸症候群の患者さんに「マウスピース療法」をご提案しています。これは、口腔内に睡眠時無呼吸症候群専用のスリープスプリントというマウスピースを装着し、下顎を前に出すことで睡眠中の気道の閉塞を抑制する治療法です。
医科からの紹介状があれば保険内診療で治療できます。

睡眠時無呼吸症候群は治療しないと大事故につながることもあります。

もしかしたら・・・と不安な方は一度ご相談ください。

豊田市服部矯正小児歯科電話番号
豊田市服部矯正小児歯科歯科衛生士募集
 
豊田市服部矯正小児歯科診療時間